日本減災対策株式会社

緊急地震速報利用者協議会会員


緊急地震速報とは

地震波のP波(初期微動 秒速約7km)と、S波(主要動 秒速約4km)の速度差を利用し、主な被害をもたらすS波が到達する前に事前対応を行うことで、地震による被害を防止・軽減することを目的とした情報です。日本全土には、気象庁と防災科学研究所がリアルタイムで観測を行っている地震計が約1000箇所設置されています。これらの地震計のデータは、光ファイバーネットワークにより気象庁に集められ、解析された上で緊急地震速報として利用者に配信されています。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

たった数秒でも減災効果

猶予時間 軽減後被害 軽減前被害 備考
死傷
(100%)
重症
(100%)
中等傷
(100%)
2秒 死傷 75% - - 地震の認識はできるが、逃避行動はできない。しかし、安全態勢をとり、けがは少なくできる。また、インターネット経由でガスや電気を揺れる前に消すことは可能。
重症 15% 75% -
中等傷 5% 15% 75%
無傷 5% 10% 25%
5秒 死傷 20% - - 学校における実証実験で、訓練済みの生徒は100%が机の下に潜ることが可能な時間であることが確認されている。
重症 60% 20% -
中等傷 10% 50% 20%
無傷 10% 30% 80%
10秒 死傷 10% - - 予告なしの時に比べ、90%命が助けられるとのデータがある。普段から訓練していれば、倒壊危険性の高い家の場合であれば住人は外に逃げ出すこともできる。
重症 30% 10% -
中等傷 50% 30% 10%
無傷 10% 60% 90%
20秒 死傷 5% - - 予告なしの時に比べ、95%命が助けられる時間。落ち着いて家族に声をかけたりできる。
重症 15% 5% -
中等傷 30% 15% 5%
無傷 50% 80% 95%

東京大学生産技術研究所 目黒研究室のレポート 「予告なしの被害を100としての被害軽減予測の研究データ」より

ページトップへ戻る


緊急地震速報の利用例

利用例1
身の安全を確保
机の下に隠れるなどして、揺れがおさまるまで身の安全を確保しましょう。
000
利用例1
火災防止
地震の発生により火災を引き起こす可能性があるので、火を消しましょう。
000
利用例1
避難経路を確保
揺れがおさまったら、すぐに非難できるように窓や戸を開けましょう。
000
利用例1
慌てて外に飛び出さない
急いで飛び出さず、落ち着いて、ガラスや瓦などの落下物に注意しましょう。
ページトップへ戻る
お問い合わせフォーム
COPYRIGHT (C) JAPAN DISASTER MITIGATION MEASURES Corporation ALL RIGHTS RESERVED.